スプレッドシートの数式・関数に日本語(全角入力)はおかしいため要注意!対処方法を解説

2020年4月3日

Googleスプレッドシートは、エクセルとほぼ同等の機能を備えており、数式や関数を駆使して色々な表を作成することができます。

しかし、数式・関数をセルに入力する際に、日本語(全角文字)入力が上手くいかない事象が起きます。

この時の対処方法を紹介したいと思います。

※Googleのサポートサイトによると、数式に日本語が入力できないのは、スプレッドシートの不具合のようです。

※2020年5月追記 スプレッドシートの数式で日本語(全角文字)を入力すると発生していた不具合はアップデートによって解消されました。

スポンサーリンク

スプレッドシートはGoogle製表計算ソフト

Googleスプレッドシートは、ブラウザで操作可能なクラウド型表計算ソフトです。

Googleスプレッドシートはブラウザからアクセス可能

スプレッドシートはChromeなどのパソコンのブラウザで利用でき、複数人で共同編集がしやすくなっています。

さらに、スマホやタブレットのアプリでも編集が可能で、どんなデバイスでも利用できる表計算ソフトになっています。

エクセルと同様に色々な関数や数式を備えており、様々なデータの計算・集計・分類といった処理が可能です。

数式や関数で全角文字(日本語)を入力すると、おかしな挙動

Googleスプレッドシートを使っていると、必ず数式や関数を利用するようになります。

セルを入力している状態で、「=(イコール)」を入れると、様々な数式や関数を呼び出すことができ、SUM関数で複数セルの値を集計したり、IF関数で条件分岐の入力が可能です。

ただ、この数式・関数を入力している際に、全角モードで入力しようとすると、おかしな挙動を起こします。

スプレッドシートの数式バーで全角モードで日本語や全角数字を入力すると挙動がおかしい

上手く日本語が入力することができず、入力した1文字が何文字にもなって表示されたりして、入力が上手くいきません。

スプレッドシートの数式で上手く入力できない全角文字

スプレッドシートの数式に入力する全角文字の中で、入力しようとすると、上手く入力できない文字は以下の種類があります。

  1. 全角かな
  2. 全角カナ
  3. 全角数字
  4. 全角アルファベット

日本語以外にも全角数字や全角アルファベットもキーボードを打つと入力に失敗します。

そのため、スプレッドシートの数式の中で入力する際は、全角モードか半角モードか確認する必要があります。

ダブルクオーテーション「”」内なら日本語入力可能な場合も

なお、スプレッドシートの数式で日本語を入力する際に、ダブルクオーテーション「”」に囲まれた範囲であれば、正常に入力することができます。

そのため、IF関数などの条件式で”○○”と入力する際には問題なく入力することができます。

「=(イコール)」のあとにダブルクオーテーションがない状態では全角文字はおかしくなります。

シングルクォーテーション「’」の場合もダブルクオーテーションと異なり上手く入力ができません。

そのため、QUERY関数のような関数を使う場合には要注意です。

※スプレッドシート内リンクを設定する「HYPERLINK」などの関数の場合には、ダブルクオーテーション内でも日本語入力に不具合が生じています。

そのため、ダブルクオーテーション内だからといって、日本語入力が必ず正常というわけではないようです。

数式・関数に日本語を使いたい場合の対処方法

スプレッドシートの関数で日本語を使いたい場合の対処方法を紹介します。

色々と検証を行いましたが、セル入力の中ではダブルクオーテーションに囲まれた範囲を除き、ひらがなや数字などの全角文字を入力できません。

そのため、ダブルクオーテーション以外で日本語を入力したい場合は、以下の2つの方法が対処方法となります。

①メモ帳で書いて日本語をコピペ

その代わりにメモ帳などのテキストエディタに関数・数式に入力したい日本語を入力し、それをコピーして該当部分に貼り付けします(いわゆるコピペ)。

スプレッドシートの数式・関数で日本語を入力したい場合は、メモ帳などで入力したものをコピペする

コピペであれば、日本語入力でも問題なく入力することが可能です。

主に日本語入力するケースとしては、日本語名の別シートを参照するなどが挙げられます。

こうした際には、スプレッドシートだけで操作するのではなく、テキストエディタを併用するのがオススメです。

②置換モードで日本語に置き換え

予め数式には適当な半角文字のワードを入力しておきます。

その後「検索と置換」で、事前に入力していたワードと置き換えたい日本語を入力します。

「数式内も検索」にチェックを入れ、置換またはすべて置換をクリックすると、置き換えによって日本語入力が可能になります。

①と比べるとやや手間がかかる反面、別シートを参照している数式を置き換える場合には効率的な場合があります。

(2020年5月追記)スプレッドシートの日本語入力不具合が解消

本記事で紹介していた、Googleスプレッドシートにおける数式での日本語入力の不具合ですが、スプレッドシートのアップデートによって解消されました。

=(イコール)のあとに全角文字を入力すると、二重で入力されるようになっていましたが、こちらが問題なく入力できるようになりました。

それによって、別シートを参照する数式でも問題なくシート名を入力でき、不便が解消されました。

まとめ・終わりに

今回、スプレッドシートの数式バーに全角モードで日本語や全角数字を入力すると、おかしい挙動を示すことを紹介しました。

数式や関数では日本語を使う事例は少ないですが、別シートを参照する際にはシート名を入力する必要があり、シート名が全角文字の場合に上手く入力できません。

対処方法としてはコピペまたは置き換えを行うことでおかしくなる事象を回避できます。

ぜひ、スプレッドシートの数式で日本語入力しようとしておかしくなった場合は、この方法を試してみて下さい。

スポンサーリンク