Google Apps Script(GAS)でV8ランタイムを有効化・実行する方法

Google Apps Script(GAS)では2020年2月にモダンなJavascriptで使われているV8ランタイムがサポートされました。

今回、旧バージョンのGASプロジェクトでV8ランタイムを有効化し、実行する方法を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

新規プロジェクトはデフォルトでV8が有効に

2020年2月からサポートされるようになったGoogle Apps Script(GAS)のV8ランタイムはECMAScriptに対応し、Javascriptなどで標準的な構文となりつつあるES2015に対応しました。

その結果、GASの新規プロジェクトを作成した際には、デフォルトでV8ランタイムが有効化されるようになっています。

Google Apps Script(GAS)の新規プロジェクト作成時には、V8ランタイムが自動的に有効化されている

「このプロジェクトは Chrome V8 を搭載した新しい Apps Script ランタイムで実行しています。」

無題のプロジェクトを開いた際には上記メッセージで、V8ランタイムでスクリプトが実行されるようになっています。

作成済みのGASスクリプトでV8を有効化する方法

V8ランタイム対応前に作成されたGASのスクリプトでは、V8ランタイムは無効の状態となっています。

そうした作成済みのGASスクリプトでV8ランタイムを有効化する方法について解説したいと思います。

今回はV8ランタイムを有効にする2つの方法を紹介します。

方法① スクリプトエディタを開いた時にV8有効化

1つ目のV8ランタイム有効化方法は、GASスクリプトエディタを起動した際に「このプロジェクトで Chrome V8 を搭載した新しい Apps Script ランタイムを有効にします。」というメッセージが表示されます。

Google Apps Script(GAS)でV8ランタイムが無効になっているプロジェクトをスクリプトエディタで開いたときに表示されるメッセージ

メッセージの右側にある「有効にする」をクリックすると、これだけでV8ランタイムを有効化できます。

Google Apps Script(GAS)でV8ランタイムを有効化した際に表示されるメッセージ

有効化すると、「Future executions of this project will run with Apps Script V8. Disable anytime via the Run menu.」というメッセージが表示されます。

英語メッセージを翻訳すると、「このプロジェクトの今後の実行はApps Script V8で実行されます」となっています。

方法② スクリプトエディタのメニューからV8有効化

Google Apps Scriptのスクリプトエディタを開いたタイミング以外でも、スクリプトエディタのメニューからV8ランタイムを有効化することもできます。

スクリプトエディタのメニューの「実行」から「Chrome V8を搭載した新しいApps Scriptランタイムを有効にする」をクリックします。

Google Apps Script(GAS)のスクリプトエディタのメニューの実行からV8ランタイムを有効化する方法

こちらを実行すると、方法①でも表示された英語のメッセージが表示され、V8ランタイムが有効になります。

V8ランタイムを無効にするには?

なお、逆にV8ランタイムを無効にしたい場合は、同じようにメニューバーの「実行」から無効を選ぶことができます。

詳しいV8ランタイムの無効化方法を下記を参照ください。

Google Apps scirpt(GAS)ランタイムをV8から旧バージョンに戻す方法(無効化・ダウングレード)

まとめ・終わりに

今回、2020年2月にサポートされるようになったGoogle Apps Script(GAS)のV8ランタイムを有効にする方法を解説しました。

新しくGASスクリプトを作成する場合には、デフォルトでV8ランタイムが有効化されていますが、サポート前に作成したGASでは無効になっています。

V8ランタイムが無効のGASプロジェクトで有効化するには2つの方法があり、どちらでも簡単に有効化できます。

V8ランタイムを有効にしたい場合にご参考ください。

スポンサーリンク