エクセル2019のデータ分析がメニューにない時、メニュー上にアドインを表示する方法

マイクロソフトのOffice365の表計算ソフト、エクセル2019には統計分析などの「データ分析」を行う機能が備わっています。

しかし、エクセルのメニュー上で「データ分析」の表示がないケースがあります。

データ分析をメニューから実行できるように、アドイン表示を追加する方法を解説します。

 

表計算ソフトExcelでデータ分析

表計算ソフトとしてお馴染みのマイクロソフトのExcelには、計算や集計、グラフ化などの表計算の基本的な機能に加え、データ分析機能が備わっています。

データ分析機能では、以下のような分析が可能です。

  1. 分散分析
  2. 相関
  3. ヒストグラム
  4. 回帰分析

最近はデジタル化が進み、様々なデータが収集できるようになったことで、統計やデータ分析のニーズが非常に高まっています。

そんな中、表計算ソフトとして最もシェアが高い、エクセルでデータ分析ができるのはとても便利です。

エクセルのメニューに「データ分析」がない?

ただ、エクセルのメニューバー上を見ても、データ分析の項目が表示されない場合があります。

エクセルのメニューバー「データ」にデータ分析が表示されているはずが表示されない

本来であれば、メニューのデータタブに「データ分析」が項目として表示されるのですが、初期設定では表示されていない場合もあります。

データ分析がメニューにない時は、アドインとして追加が必要です。

エクセルのデータ分析をメニューに追加する方法

そこで、エクセルのメニュー上にデータ分析の項目がない場合に、データ分析のアドインを追加する方法を解説します。

解説で使用しているエクセルのバージョンはOffice365のエクセル2019です。

※エクセル2019以外でも同じ手順で設定することができます。

1.メニューバーにある「ファイル」をクリックします。

Office365のエクセル2019でデータ分析のアドインを、ファイル>オプションから開く

2.左側に表示されるファイルメニュー「オプション」をクリックします。

エクセル2019のオプションからデータ分析のアドインを選択する

3.オプションメニューの中から「アドイン」を選択します。

エクセル2019のアドインにデータ分析が表示されている

4.アドイン一覧の中から「分析ツール」を選択した状態で「設定」ボタンをクリックします。

アドインの追加画面でデータ分析を追加して、OKを押す

5.有効なアドインから「分析ツール」にチェックを入れた状態で「OK」ボタンをクリックします。

以上の5Stepでエクセルメニューへのデータ分析の追加が完了です。

アドイン追加からエクセルのメニューにデータ分析が追加される

メニューの「データ」タブの右側に「データ分析」の項目が表示されるようになります。

以降はエクセルを閉じても、パソコンをシャットダウンしてもエクセルを開けば、データ分析が表示される状態です。

エクセル2019(Office365)のデータ分析のアドオンをメニューバーに表示して、データ分析をおこなえるようになった

エクセル上に各種数値を入力して、データ分析を行えば、各種の分析が行うことができます。

まとめ・終わりに

今回、マイクロソフトのエクセル2019でデータ分析のメニューを表示する方法を解説しました。

デフォルトの設定では、重回帰分析や相関分析など分析が可能な「データ分析」がメニュー上に表示されていないケースがあります。

その場合には、オプションのアドインからデータ分析を追加することで、メニューからデータ分析が実行可能となります。

エクセルで手軽に色々なデータ分析ができると便利なので、ぜひデータ分析したい方はメニュー表示させましょう。