Google Apps Scriptで便利なおすすめライブラリ5選まとめ~導入用プロジェクトキーも紹介

2020年3月27日

Google Apps Script(GAS)にはライブラリを追加して、便利な関数を利用できる機能があります。

GASのコードだと何行も記述して行う処理をたった1行で実装でき、生産性が非常に高まります。

今回、GASのコードの効率化を図るためのオススメのライブラリを5種類まとめてみました。

GASのライブラリとは?

GASのライブラリはGoogle Apps Scriptのコード記述に便利な機能がまとまったものを指します。

Google Apps Script(GAS)入門 ライブラリとは?メリットと導入方法を解説

ライブラリですでに用意されている処理をコードで実装することは、プログラミング経験としては非常に為になります。

しかし、そうして作られたプログラムは車輪の再発明になっています。

できるだけ、自分のリソースは新しい処理やツールを制作することに割くことが大切です。

オススメのGASライブラリ5選

今回、GASを使ったコード開発を行う場合に知っておきたいライブラリを紹介したいと思います。

momentライブラリ

  • 概要:日付の比較や計算を簡単に扱うためのGASライブラリ
  • プロジェクトキー:MHMchiX6c1bwSqGM1PZiW_PxhMjh3Sh48
  • ライブラリ管理状況:バージョンの9でストップ

momentは、GASのライブラリとしてよく紹介されるライブラリです。

GASの標準の時間・日付を扱うDate型の変数では、加算・減算などの日付計算や比較に手間がかかりました。

momentライブラリを導入することで、簡単に日付を操作・計算・比較することが可能です。

 Underscoreライブラリ

  • 概要:配列やオブジェクトで便利な処理関数を実行するライブラリ
  • プロジェクトキー:M3i7wmUA_5n0NSEaa6NnNqOBao7QLBR4j
  • ライブラリ管理状況:バージョン2でストップ

underscoreライブラリもmomentライブラリ同様にJavascriptでも使われていたものをGoogle Apps Scriptに移植したものです。

通常のGASを利用すると、メソッドを複数組み合わせて実現する処理がUnderscoreライブラリのメソッドではより簡潔に表記できます。

※ただ、既存のメソッドで実現できるものも含まれているため、利用メソッドの精査が必要です。「

Parserライブラリ

  • 概要:Webページのスクレイピングする際に便利な処理が可能なGASライブラリ
  • プロジェクトキー:M1lugvAXKKtUxn_vdAG9JZleS6DrsjUUV
  • ライブラリ管理状況:バージョン7(初回バージョン)でストップ

Parserライブラリは、GASでスクレイピングする際には必須ともいえるライブラリです。

指定したHTMLタグなどの間にある要素の抽出・スクレイピングを簡単に行うことができます。

リスト表示されているHTML要素の場合には処理の反復を行い、要素をすべて所得することも可能です。

ちなみに、似たparserライブラリというものも存在します。

しかし、こちらはスクレイピング対象のHTMLソースの厳密性・正確性が求められ、エラーが出ることがあるため、Parserライブラリの利用が推奨です。

SlackAppライブラリ

  • 概要:SlackのAPI利用し、botや投稿など便利な機能を提供するGASライブラリ
  • プロジェクトキー:M3W5Ut3Q39AaIwLquryEPMwV62A3znfOO
  • ライブラリ管理状況:バージョン22でストップ

SlackAppライブラリは、GASとSlackを連携したいときにオススメしたいライブラリです。

通常HTTPSのPOSTでSlackAPIにリクエストして、対象のSlackのワークスペースにメッセージを送信します。

その場合、API認証の部分や、POST通信を行うための処理が色々と必要になります。

しかし、ライブラリを使用すればそうした対応は不要で、SlackAppのオブジェクトにSlackAPIのトークンをセットすれば、簡単にSlack投稿が実装できます。

ImgAppライブラリ

  • 概要:画像のサイズ取得やリサイズを行うことができるGASライブラリ
  • プロジェクトキー:1T03nYHRho6XMWYcaumClcWr6ble65mAT8OLJqRFJ5lukPVogAN2NDl-y
  • ライブラリ管理状況:バージョン6でストップ

ImgAppライブラリは、Googleドライブなどから取得した画像のサイズを取得したり、リサイズを行うことができるライブラリです。

GASにはあまり画像処理に関する機能・メソッドは用意されていないため、画像サイズを変更するといった処理が難しいです。

しかし、ImgAppライブラリを利用すれば、リサイズを一括処理するといったことが可能です。

まとめ・終わりに

今回、Google Apps Script(GAS)で便利なライブラリのオススメ5種類を紹介しました。

日付計算のmomentや便利関数Underscore、スクレイピングParcer、SlackApp、画像処理ImgAppなど、通常のGASで実装するためには手間がかかりますが、ライブラリを使えば簡単に処理を実装できます。

すべての処理を自分で実装するのは、開発に時間がどうしてもかかります。

さらにソースコードの分量も増えるため、後々コードの修正が発生した際のメンテナンスも大変になります。

便利なライブラリを上手に活用し、GASの開発効率を高めましょう。